L型擁壁は、敷モルタルの上に設置しただけでした。
ミナミのL型擁壁パーフェクトは、設置面に穴を設けて、生コンクリートを流し込むことで、安全性を大幅に向上させることができます。

写真は滑動テスト風景です。
切りかぎ部分を生コンクリートで埋めることにより前後左右の連結がより強固になる。