車道と歩道の境界部分から繁殖する雑草は街の景観を損ねたり、歩道の幅を狭くしています。ミナミの「草止めブロック」は、その独自の形状で雑草の繁殖を著しく阻害させ、人にやさしい新しい時代のブロックです。

※歩車道境界ブロックにも適用可。
※セミフラットも用意しています。

従来製品は歩車道ブロックと歩道側面のアスファルト接合部分が垂直でした。 そのため隙間から雑草の種子が入り、雨水が流れ込み、またその隙間から雑草が生え、繁殖していました。 「草止めブロック」はアスファルトとの境界部分に切かぎを設け、接合部分を大幅に増やし、太陽熱により雑草の育成を著しく阻害するものです。




従来のセミフラット境界ブロックは歩道側に雑草が生え 草刈機が使用できませんでした。
ミナミ新製品『草止め歩車道境界ブロック』は、バリアフリ− にも対応した、新しい時代のブロックですので、維持管理の低減に貢献できます。

従来の「セミフラット境界ブロック」は歩道側に雑草が生え、草刈機が使用できませんでした。 草止め歩車道境界ブロックは、ブロックの長手方向に1本の溝を設け、その溝にステンレスやプラスチックの平板をはめ、アスファルトと路盤を遮断し、草が生えにくいように工夫しています。